モービルマッピングがもたらすもの

subpage01

地図と言えば人が見るものだと思われていますが、技術が進んだ今ではそうとも言い切れません。

モービルマッピングを知りたい方必見の情報を集めました。

ルートを検索して経路を表示してくれるアプリやナビゲーションも地図の情報を必要としています。
また、開発中の自動運転も走行するために地図情報を利用します。



また、より精度を高めるためには高さの情報や出入口、交通標識なども重要な情報になります。それを自動で取得する仕組みがモービルマッピングです。GPS通信などによる位置データ、カメラによる映像、レーザ測定による空間情報を取得できるセンサーを設置した車両によって移動したとこのデータを集積していきます。


それがモービルマッピングシステムです。

取得したデータは空間の数値化、映像の解析、情報の認識などの後処理をすることで実用できる情報に変わります。


モービルマッピングで得られる情報が2次元の地図データと大きく違うのは空間としての情報や活動に利用される情報が得られると言うことです。


道幅だけでなく段差やくぼみなどの情報は歩行者の支援に必要な情報です。



施設の入り口は正確な経路を提供するために利用されます。


マンホールの位置や電柱の有無なども知ることができます。

行きたいところまでの道のりを知らせるための使い道だけではなく、そこに人が行かなくても状態がわかるためのデータとして活用されます。

それは市政や福祉、開発などに利用することができます。


今後ますます利用範囲が拡大する技術です。