ドクターヘリ−とは?その役割は?

subpage01

日本は平均寿命が世界の中でもトップクラスの長寿国として知られています。

ドクターヘリ-といえばこちらです。

生活水準の向上や医療技術の進化によって大きな病気や怪我に直面した時にも、高い技術の治療を受けることが出来るのです。
とはいえ、どれだけ医療技術が進歩しても命に関わるようなケガ等の場合には、迅速にその治療が行われなければ救える命も助けることが出来なくなってしまうのです。ドクターヘリ−はテレビドラマでもその役割に注目が集まったシステムで有り、ヘリコプターを使った救急医療活動は日本だけで無く、世界中でも活用されています。


大事故等で大怪我をした際には、どれだけ早く治療が開始できるかが命を救えるか否かを分ける事も少なくないのです。
世界においてこのシステムは一般的にはヘリコプター救急と呼ばれることが多いですが、日本ではヘリコプターによって医師が患者の基に迅速に駆けつける事を強調するためにドクターヘリ−と呼ばれているのです。



ドクターヘリ−とは、医療機器を機内に装備したヘリコプターが病院の敷地内でスタンバイしており、緊急の出動要請が入ると医師と看護師を乗せて要請後わずか数分後には離陸して、その緊急現場へ駆けつけるシステムです。現場にいち早く到着して必要な医療機関に搬送するだけで無く、その場で医師と看護師による治療が行われるために治療と搬送を兼ね備えた新しいシステムになるのです。
早期に治療を始められることが命を取り留める事にも繋がるために非常にその役割は大きくなるのです。
日本でもドクターヘリ−の全国的な普及が望まれていますが、なかなか簡単にはいきません。



その理由の一つとしては運営費が1機につき2億円程度罹ると言われているために、その環境を整えることが簡単では無いのです。