ヘリコプターは空撮に最適な航空機です

subpage01

空撮に利用される航空機にはヘリコプターやセスナ機があると言われています。


撮影する時にはある程度速度を落とさなければ空撮が出来ない、旅客機などのような高速で飛行する航空機ではピントを合わせるだけで終わってしまい、地上の様子を撮影する事が出来ないわけです。上空から地上の一部を撮影するためには無限大のピント合わせを行うわけですが、露出など自動的に行う性能を持つビデオカメラやデジタルカメラでも、撮影する場所に応じて高低差がある、明るさが異なるなどからもある程度の時間を掛けて補正をしなければなりません。

セスナ機やヘリコプターなどの場合は旅客機よりも遅い速度で飛行が出来ますし、ヘリコプターの場合は上空で小回りでの旋回が出来ると同時に同じ場所に留まる事も出来るなどの特殊な機能を持っています。


また、ヘリコプターは高度を下げて飛行が出来るため、空撮を行う時に最適な航空機とも言われているのです。

空撮は無限の可能性に満ちあふれています。

ちなみに、マラソン大会などの時に上空から撮影した映像をテレビで見る事がありますが、撮影を行う時には速度を落として飛行する、場所によっては同じ場所に留まった形で空撮が行われています。

また、火山の噴火活動や災害が起きた場所での空撮などの場合も、大半の場合がヘリコプターが使われているのが特徴です。



尚、ヘリコプターは遊覧飛行の時にも利用される航空機で、東京の夜景を眺めるのにも最適な乗り物、スマートフォンなどのカメラでもきれいな夜景を撮影出来ます。